スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

夏目漱石旧居跡 - 文京区

[旅 写真] 東京
09 /30 2014
夏目漱石旧居跡 - 文京区

[ 東京都文京区向丘・日本医科大学同窓会館 ] 


夏目漱石旧居跡

夏目漱石は明治36年(1903)1月英国から帰り、3月3日ここ千駄木町57番地に居を構えた。

前半二箇年は一高と東大の授業に没頭したが、38年1月「吾輩はねこである」「倫敦塔」等を発表して惣ち天下の注目を浴び、更に「猫」の續稿と並行、39年初から「坊ちゃん」「草枕」「野分」等を矢継早に出して作家漱石の名を不動にした歳末27日西片町に移り、翌40年4月朝日新聞に入社し、以後創作に専念した。

千駄木町は漱石文学発祥の地である。

森鴎外も前に(自明治23年10月-至同25年1月)その家に住んでいた。

家は近年保存のため移築され現在犬山市明治村にある。

昭和36年3月3日


夏目漱石旧居跡 - 文京区
碑の題字は、川端康成です。

移築された家は、「吾輩はねこである」の舞台だった事から、「猫の家」と呼ばれていたそうです。
関連記事

  にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

コメント

非公開コメント

隠し球 あちらこちら♪

こんにちは。
こちらの隠し球は神出鬼没ですね♪♪

地下鉄サリン事件の頃文京区に住んでいました。
子供が新宿を使って小学校学校に通っていたのですが異臭騒ぎのあったトイレを学校帰りに使う事が多く、慌てて今の所に越してきました^^;


なにか懐かしさを感じました。

Re: 隠し球 あちらこちら♪

> 地下鉄サリン事件の頃文京区に住んでいました。

当時、私は足立区綾瀬に住んでいました。
あの日は、渋谷に行かなくてならない用件があって、事件発生から2~3時間程たった頃、千代田に乗ったのですが、事件のため列車が霞ケ駅に停車せず、そのまま通過したのを覚えています。

広い東京、意外や意外、近くにおられたのですねー。

ビックリ!!

こんばんは〜

ビックリです!
なんとまぁ〜〜〜〜〜!!本当ですね。
でも事件に巻き込まれなくて良かったです。

オンチャン


[拠点]
土佐を脱藩して幾年月か経つちよったけんど、2007年にやっと土佐に帰藩したがじゃき。
そんでも仕事で諸国行脚に、チョコチョコ出かけちゅう。
[嗜み]
好きな音楽はジャズとボサノバ、それに写真と旅が好きじゃねぇ。
[使命]
明日を目ざいて、諸国をアッチへ行ったり、コッチへ行ったり「東奔西走」しゆうが。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。