琵琶湖疏水 -大津

[旅 写真] 滋賀
04 /22 2010






[ 滋賀県大津市観音寺 ]


京阪電鉄三井寺駅のすぐ北側を流れる疏水運河。

京都への飲料水の供給と灌漑、水運、発電を目的として明治18年(1885)6月2日に着工、約5年の歳月をかけて明治23年(1890)4月に完成しました(第2疏水は明治45年(1912)に完成、全線トンネルで、延長7.4km)。

全長11.1km、日本人だけの技術で、資材面などの困難を克服し、明治中期における日本土木技術の確立を示すとともに、天然の湖にはじめて人工的変改を行なったものとして画期的な事業といわれます。

琵琶湖から取り入れられた水は、工事中もっとも困難を極めた長等山トンネルを通って京都市山科区で地上にあらわれ、再びいくつかのトンネルを抜け、京都市左京区の蹴上、そして鴨川、宇治川へと流れていきます。

大津屈指の桜の名所であり、毎年ライトアップもされる。

琵琶湖疏水(滋賀県大津市):滋賀県観光情報
http://www.biwako-visitors.jp/search/spot_around_800.html


京都市内の桜も綺麗じゃけんど、ちょっと足を延ばいたら、穴場が一杯ありますき。

来年は、行って見んかよ。


一日一回のクリックをして頂けると、更新の励みになります。 
↓           
  
ありがとうございました。
スポンサーサイト

  にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

三井寺 - 大津

[旅 写真] 滋賀
04 /16 2010










[ 滋賀県大津市園城寺町 ]


普通「三井寺」と呼ぶようですが、正確には「長等山園城寺」言うのが本来の名前のようで、日本三不動の一である黄不動で著名な寺院で、創建以来度重なる焼き討ちなどもあったり、豊臣秀吉によって寺領を没収されて廃寺同然となったりと、歴史上の苦難を乗り越えてその都度再興されてきたことから、「不死鳥の寺」とも称されちょるそうながです。

三井寺と呼ばれるようになったがは、天智・天武・持統天皇の三帝の誕生の際に御産湯に用いられたという霊泉があり、「御井の寺」と呼ばれちょったがが由来とか。

此処も桜が綺麗な所で、琵琶湖南西の長等山中腹にあるがですき、晴れちょったら琵琶湖の眺望が望めるがですき。


一日一回のクリックをして頂けると、更新の励みになります。 
↓           
  
ありがとうございました。

  にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

神の棲む島 - 竹生島

[旅 写真] 滋賀
09 /16 2009
090916-5.jpg
[ フェリー乗り場から見上げた風景 ]

090916-1.jpg
[ 石段を登って見下ろした、フェリー乗り場 ]

090916-2.jpg
[ 宝巌寺 ]

090916-3.jpg
[ 豊臣秀吉の御座船の廃材で造られた廊下 ]

090916-4.jpg
[ 竹生島神社 ]

[ 滋賀県長浜市早崎町・竹生島  ]


以前にもご紹介した竹生島なが。


竹生島は、長浜市の湖岸から約6キロメートルにあり、周囲2キロメートル、面積0.14平方キロメートルの琵琶湖上で沖の島に次ぐ2番目に大きな島です。

島の名前は「神の斎く(いつく)住居(すまい)」を意味し、その中の「つくすまい」が「つくぶすま」と変じ「竹生島」になりました。

また、「竹生島」という漢字は、竹が生えているからという説や、島の形が雅楽などで使われる楽器の笙に似ていることから付けられたという説などがあります。

神の住む島といわれ信仰の対象として、また美しい島は琵琶湖八景のひとつとして、昔から多くの人に親しまれてきました。

かつては神仏一体の思想で発展してきましたが、明治時代の神仏分離令によって、弁才天を本尊とする「宝厳寺」と浅井姫命を祀る「都久夫須麻神社」に分かれています。

冬季になると水鳥が飛来する琵琶湖では、多くのカメラマンが竹生島を背景に水鳥を撮影に来られます。また、湖岸から眺める夕日と竹生島の情景は幻想的ですらあります。

引用:神の住む島 竹生島より


この島を見ると、映画「大魔神怒る」を思い出すがです。

映画の設定じゃ「八雲の湖」に浮かぶ”神の島”となっちょりますき、島根県の宍道湖を創造するがですが、オンチャン的には琵琶湖のイメージが強うて、魔神の棲む”神の島”ちゅうがは琵琶湖の「竹生島」が”神の島”のモデルじゃ無いがですろうかと思うたりしちょります。

竹生島の弁財天が、時には”天女”になって人々の願いをかなえ、時には”竜神”となって国土の安穏を守ると言われちゅう竜神伝説が残っちゅうがですき、この「竜神」=「大魔神」ながでしょうか。

兎に角、「神秘的」な島じゃったがです。


高知関連は南国土佐へ来てみいやにありますき、こっちも見に来てや。


一日一回のクリックをして頂けると、更新の励みになります。(^^) 
↓           
  
ありがとうございました。

  にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

オンチャン


[拠点]
土佐を脱藩して幾年月か経つちよったけんど、2007年にやっと土佐に帰藩したがじゃき。
そんでも仕事で諸国行脚に、チョコチョコ出かけちゅう。
[嗜み]
好きな音楽はジャズとボサノバ、それに写真と旅が好きじゃねぇ。
[使命]
明日を目ざいて、諸国をアッチへ行ったり、コッチへ行ったり「東奔西走」しゆうが。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。