Flight - 伊豆半島から伊豆大島

旅の記憶
02 /11 2012
伊豆松崎(西伊豆)

河津(東伊豆)

伊豆大島

撮影日:2012.02.10 


2012.2.10 ANA564 高知-羽田行き

伊豆半島の西伊豆・伊豆松崎と東伊豆・河津、それと伊豆大島です。
スポンサーサイト

  にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

伏見を歩く

旅の記憶
02 /25 2008
日曜日には京都伏見を、ぶらり旅やった。

前日よりも天候不順で、雪が舞い落ちる1日やった。
目的は2ヶ所、「伏見稲荷」と「池田屋」ぜよ。

まず京阪電鉄で「伏見稲荷」へ。
「伏見稲荷」は全国約4万社あるという稲荷神社の総本宮で、山全体が神域のようやか。
稲荷神が農業の神のためか、五穀豊穰・商売繁盛・交通安全といったご利益がある事から、稲荷山にゃ信者から奉納された約一万基の鳥居があり、特に千本鳥居は有名やきー。
080225-3.jpg

[ 稲荷山中腹辺り ]

オンチャンも折角行ったから、全山一周したがやけど、兎に角広い・・・約2時間程雪の降る山をゆっくりと散策しちゅうが、場所によっては、しょうまっこと何かおるのやかと思う様な神秘的な場所もあるが・・・。
正直行って良かったと思う場所で、気持ちの上で、何かご利益があったと思いゆう。

参道じゃー名物の「スズメ」の焼き鳥を売る店が出ていて、眼面しもの食べたさか?観光客が買う姿がチラホラと見受けられた・・・。
オンチャンは、食べたいと思いやーせんが・・・とゆうか「食べる所があるかえ??」の方が疑問やか。

次は「伏見桃山」までもんて、伏見を散策や。
駅からまず「御香宮神社」を見物し、大手筋商店街を抜け「龍馬通り」から「寺田屋」へ向かう。

龍馬ファンなら「寺田屋」といえば、聖地のような所ぜよねー。
坂本龍馬が幕吏の襲撃を受けた場所でもあるけんど、薩摩九烈士事件の舞台で、維新の歴史的な場所やか。
ここは今でも宿泊出来る現役の旅館やけど、二階の龍馬愛用の「梅の間」だけは、保存のため泊まれやーせん。
オンチャンは、昔から一度訪れたいと思っちょった場所じゃったき、ようよう念願が叶ったがです。

伏見といえば、お酒が有名な所で近くには「黄桜」や「月桂冠」の酒蔵があり、オンチャンは「月桂冠大倉記念館」に入ってきちゅう。
入場料300円と引き換えに、ミニカップのお酒を貰い、館内を見学し、何種類かの利き酒をしてきたがです。

その後、時間があったきに「中書島」から「京阪宇治駅」に向い、宇治川沿いに歩くこと約10分で、10円玉のデザインでお馴染みの「宇治平等院」へ行ってきちゅう。
オンチャンは行かんかったんど、この宇治にゃ「源氏物語ミュージアム」もあるようぜよ。
080225-4.jpg

[ 宇治十帖モニュメント ]

写真は宇治川沿いにある、源氏物語「宇治十帖」のヒロイン浮舟と匂宮が小舟で宇治川に漕ぎ出す情景をモチーフにしたモニュメントじゃ。
朝霧橋のたもとにあるがです。

まあ、ひやかった1日やった。


← 「しょうえいねー!」と思うたら、クリックしてや。

  にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

西の京から奈良へ

旅の記憶
02 /25 2008
土曜日、奈良の方をぶらり旅。
朝の天気予報じゃー、お昼頃から天候が急転するような予報やったが、8時過ぎにホテルを出る前から何時降り出したちいいような曇り空やった。

今回は西ノ京に行き「薬師寺」を「大池」から撮影するがが、第一目的やったがじゃ。
近鉄奈良線西大寺で乗り換え、「西ノ京」から歩く事約15分、撮影ポイントにゃ既に望遠レンズを固定して先客が撮影しちょった。
オンチャンも1時間程居粘ったけど、天候は回復しなかったがで、今回は諦めて次の「薬師寺」に向かったがです。

案の定、「薬師寺」に着いた途端、空が泣き始めちゅう。
暫く大屋根の下で雨宿りしたがやけど、風は強くなるし、気温は低下するはで最悪やか・・・。

待つ事20分程で、雨はあがって「薬師寺」を拝観後、北口から出て「玄奘三蔵院」に行ったが、公開はしていなかったがで入れやーせんやった。
何年か前に行った時は入れたけんど、今は春・秋の公開のみになっちゅうようながじゃ。

仕方ないき、「唐招提寺」に向こうたがじゃ。
徒歩で約15分程ながやけんど、天候は一向に回復の兆しなし・・・

「唐招提寺」は井上靖の「天平の甍」で有名じゃねー。
オンチャンは、現在行われちゅう「平成の大修復前」に一度行った事があるけんど、「金堂」はまだ解体修理中やった。
受付で聞いたら完成は来年秋との事やか、随分と長い工期やねー。

境内をブラブラと写真撮影しちょったら、急に青空が広がってきたき、次の場所に行こうか「大池」に戻ろうか暫く様子見をしたが・・・。
10分程たっても青空が広がったままじゃったき、意を決して「大池」に戻る事にし、急ぎ「大池」に直行。

けんど「大池」に着いて約5分ばあで、それまで広がっちょった青空も再び暗雲が立ち込め始め、そのうち雪がチラチラと舞い始めたがやき、もういかんと思うて撮影は中止したがぜよ。
この写真は何とか撮れた数枚の内の1枚やか。
080225-1.jpg

[ 大池から見た薬師寺 ]

再び電車に乗り西大寺乗換えで奈良へ向かう。
奈良に着いても、天候は回復せずむしろ悪化の一途で、雪が舞ったり止んだり。
天候は悪いにも関わらず、観光客は結構多かったぜよ。
ドラマ「鹿男あおによし」の影響もあるにかぁーらんねー。
080225-2.jpg

[ 東大寺 ]

オンチャンは、東大寺の横から正倉院側に廻り、お水取りの準備中の「二月堂」から「若草山」方面に向い、「春日大社」から「興福寺」に抜け、帰途に着いた一日じやったがです。

  にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

オンチャン


[拠点]
土佐を脱藩して幾年月か経つちよったけんど、2007年にやっと土佐に帰藩したがじゃき。
そんでも仕事で諸国行脚に、チョコチョコ出かけちゅう。
[嗜み]
好きな音楽はジャズとボサノバ、それに写真と旅が好きじゃねぇ。
[使命]
明日を目ざいて、諸国をアッチへ行ったり、コッチへ行ったり「東奔西走」しゆうが。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。