門司港レトロ展望室から見た関門海峡と門司港

[旅 写真] 福岡
01 /22 2010
1001122-1.jpg

1001122-2.jpg

1001122-3.jpg

1001122-4.jpg

1001122-5.jpg


[ 福岡県北九州市門司区・門司港 ]


門司港レトロ展望室は、高層マンション「レトロハイマート」の31階にあり展望台ながです。

103mの展望台からは、関門海峡や門司港レトロ地区の街並みや、下関側を見ると遠くに日本海が広がちょるがが見えるがです。


高知関連は南国土佐へ来てみいやにありますき、こっちも見に来てや。


一日一回のクリックをして頂けると、更新の励みになります。 
↓           
  
ありがとうございました。
スポンサーサイト

  にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

レトロ - 門司港

[旅 写真] 福岡
01 /18 2010
100118-1.jpg
[ 国際友好記念図書館 ]

明治35年に、大連市に帝制ロシアが建てた建物を、北九州市と大連市友好都市締結15周年を記念して複製された建物ながです。

ドイツ風の建築物で、異国情緒を漂わしちょります。

1階はレストラン、2階は中国・アジアの文献を収蔵した図書館、3階は資料展示室になっちゅう。

100118-2.jpg
[ 旧門司税関 ]

明治45年(1912)に建てられた赤煉瓦造りの建物で、昭和初期まで税関庁舎として使用されちょったそうながです。

1階は税関常設展示コーナーや喫茶店「レトロカフェ」に展示室があり、2階はギャラリーと関門海峡を望める展望室となっちゅう。

100118-3.jpg
[ 旧大阪商船 ]

外観は煉瓦じゃのうてオレンジ色のタイルですけんど、大正6年に建てられた洋風2階建で八角形をした塔屋が印象的ながです。

当時は大陸航路の待合室じゃったそうで、大勢の旅人が夢を抱いて出発して行ったがじゃろうねー。

1階は多目的な海峡ロマンホール、2階は”わたせせいぞう”と海のギャラリーになっちゅう。

何でも、”わたせ せいぞう”さんは、神戸生まれの北九州市出身じゃそうです。


[ 福岡県北九州市門司区・門司港 ]


写真の他にも、大正13年(1924)に建てられたNTT門司電気通信レトロ館や、大正10年(1921)に建てられた、旧門司三井倶楽部もあるが。

因みに、門司三井倶楽部の一室には、相対性理論で有名な「アインシュタイン夫妻」が宿泊された部屋もあるそうです。


高知関連は南国土佐へ来てみいやにありますき、こっちも見に来てや。


一日一回のクリックをして頂けると、更新の励みになります。 
↓           
  
ありがとうございました。

  にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

門司港から見た下関側

[旅 写真] 福岡
01 /12 2010






[ 福岡県北九州市門司区・門司港 ]


関門連絡船に乗ると、対岸の下関の唐戸港までは、わずか5分の船旅ながです。

1時間に3本が往復運行されちゅうきに、門司港周辺や下関周辺の散策に、一寸時間があったら巌流島まで足を延ばすがもエエぜよ。


高知関連は南国土佐へ来てみいやにありますき、こっちも見に来てや。


一日一回のクリックをして頂けると、更新の励みになります。 
↓           
  
ありがとうございました。

  にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

オンチャン


[拠点]
土佐を脱藩して幾年月か経つちよったけんど、2007年にやっと土佐に帰藩したがじゃき。
そんでも仕事で諸国行脚に、チョコチョコ出かけちゅう。
[嗜み]
好きな音楽はジャズとボサノバ、それに写真と旅が好きじゃねぇ。
[使命]
明日を目ざいて、諸国をアッチへ行ったり、コッチへ行ったり「東奔西走」しゆうが。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。